Author Archive

パーティーチークの入れ方

パーティーの時には、いつもと違う服装や髪型で出席するように、メイクも気合いを入れて、いつもとは違う方法やアイテムを使うことで、周りからの注目度もアップします。

 
アイメイクやベースメイクも重要ですが、顔の血色を良く、パッと華やかに見せるには「パーティーチーク」が重要となります。

 
頬にしっかり色を付ける事で、もし目もとなどにシミがあったとしても、他人の目を頬に持って行くこともでき、シミを目立たせなくする効果を得る事も出来ます。普段メイクをしない人は敬遠しがちですが、シミが気になる方にもピッタリといえます。

 
このアイテムには、様々なタイプがあります。パーティー会場は、特に照明がきつくなるため、選びたいのは「パール」入りのものです。塗った時にキラキラして輝いて見えるのが特徴で、特にパーティー会場ではキラキラが引き立ち、顔全体のツヤをアップする効果もあります。

 
使用される「ラメ」には、光の屈折により肌のアラを飛ばす効果もあります。つまり、毛穴の目立ちや肌荒れ、シミなどといった肌トラブルを、目立たせないようにしてくれるのです。

 
まれに「若い人が使うもの」だと思われがちですが、肌トラブルに悩む年齢を重ねた方にもおすすめです。

犬02

全く違った印象

ハリ肌チークの入れ方は頬骨の一番出ている部分に塗るということです。

 

塗る部分によって全く違った印象にすることができるので、シーンに合わせて変えることが大切です。

 

特に太陽の元に出る時には頬骨の出ている部分に塗る事で顔に立体感を作る事ができ、若々しさをアピールすることができます。

犬01

またカラーを変えることでも印象を変えることができます。

 

デートなどの場合はピンク系を頬骨の高いところに塗る事でかわいらしさを出すことができます

 

。また健康的な印象を与えたい場合は、オレンジ系を使います。

 

また塗るときに注意すべき点は、塗りすぎないということです。

太陽のもとで見るのと家の中でメイクをしたときでは全く見え方が違います。

ほんのり色付く程度で十分です。

 

化粧品によってシミができてしまう原因は、化粧焼けです。

肌表面の化粧品の油分が紫外線によって酸化し、肌に過剰に刺激を与えるためです。きちんと下地を作っていれば大丈夫です。

下地を使わないで化粧をしたり、油分の多いものを付けすぎたり古くなった粗悪な化粧品をつけて紫外線に当たることで油焼けします。

 

ですのでシミを防ぐためには油分の少ないものを使用する、日焼け止め効果のある下地を使用するということが大切です。

可愛さをアピールしたい

nayami

 

 

血色が悪くなりやすい冬や可愛さをアピールしたいデートのときには血色チークを入れることでかわいさをアピールすることができ、血色の悪さをカバーすることができます。

 

血色が悪いと顔が青白く見えてしまい不健康に見えてしまいます。

 

そこでピンク系をふんわり入れることで血色をよく見せることができ、女の子らしさをアピールすることができるのです。

 

注意すべき点は、塗りすぎないということです。濃く入れてしまうとインパクトが強くなってしまうので、優しい印象ではなくなってしまいます。

ふんわり入れることで自然な仕上がりにすることができ、優しい印象を与えることができるのです。

 

また入れる位置も重要です。低い位置に入れてしまうと老け顔になってしまいます。

頬骨の高い位置に入れることで若々しい印象を与えることができるのです。

またリフトアップ効果にもなります。塗る大きさも重要です。

広範囲に塗ってしまうと自然でなくなるので、頬の上に丸く入れます。

 

ラメやパール感が強くないピンク系を選ぶということも大切です。

自然な血色を作り出すことで異性に好感を持ってもらうことができるのです。ま

た塗りすぎるとシミの原因にもなるので、塗りすぎないということが大切です。

小顔チークの入れ方

小顔チークはなんだか難しそうに聞こえますがとても簡単にできる小顔メイク方法です。入れる場所によって小顔に見えるか見えないかが決まります。まずは色ですが、可愛く仕上げたいのならピンク系、健康的に仕上げたいのならオレンジ系、知的に仕上げたいのならブラウン系、セクシーさを出したいのならレッド系、いつでも使えるのはコーラル系です。次に入れる場所ですが、小顔にみせるには頬骨の一番高いところに楕円形にいれます。丸顔の方には特に効果覿面です。

hadaare01_l

シミとの関係ですが、つけるとシミができてしまうということは聞いたことがありませんか?これはタール色素が原因でシミができてしまうということです。ですがタールはほとんどの化粧品に入っているものです。相性が悪い人はシミになってしまいますが、なんともない人はシミにはなりません。タールは下地で防げることもあるのでしっかり下地を塗りましょう。またタールが入っていない商品もありますので、シミが出来ることが不安、もう出来てしまっている方にはそういった商品を探すことをお勧めします。

 

また、シミが出来てしまうことだけではなくシミを隠すこともできます。肌が透き通るように白いまたは地黒の方はレッドなどハッキリとしたものがお勧めです。肌は白いですが黄味がかっている方はオレンジなどくすんだものがお勧めです。

 

上手く使うことによって小顔だけでなくシミまで隠せてしまうので、是非挑戦してみてください。

紫外線の浴び過ぎ

diet03_l

 

シミの原因には、紫外線の浴び過ぎがあげられます。

 

紫外線を浴びないようにするために、まずは、日焼け止めをしっかりしておくことが重要ということは、多くの人が認識していることでしょう。
夏場はもちろん、意外と紫外線が強い春先から初夏にかけて、また、秋や冬でも、しっかりと紫外線カットをしている人も多くいます。

 

また、昔からある帽子や日傘、サングラスをはじめ、日焼け防止の手袋やパーカー、水着など、さまざまなアイテムも登場しており、より紫外線を強力にカットしようという動きがあります。

 

紫外線によるものほかには、ホルモンバランスの乱れやストレス、食べ物なども大きく影響しています。

 

もちろん、加齢によるものもありますが、できるだけ、規則正しい生活を送ることで、ある程度軽減することもできます。
そのほかに、実は気を付けてほしいことに、タール色素があげられます。

 

タール色素は、ファンデーションなどをはじめとする化粧品に含まれている成分です。
ファンデーションには、紫外線防止効果もありますので、安心してしまいがちですが、意外な落とし穴もあるということです。
発ガン性も報告されており、できれば、タール不使用の化粧品を使用することがおすすめです。

発色と滑らかな使い心地

肌にふんわりと優しい色合いを見せてくれるクリームチークですが、自分の顔の長所を引き出してくれるメイク用品を選ぶために、メイク用品選びとても大切です。

 

 

選ぶときに重視するポイントは発色と滑らかな使い心地です。
まず、発色ですが見たままの発色が長時間続くものがお勧めですが、商品の色が自分好みでも、実際に使ってみると自分が思っていた色と違っていたり、発色が良すぎて派手な印象になってしまうことがあります。
そこで選ぶポイントとしては、普段の自分の肌の色やメイクになじみやすいものを選ぶことです。
パウダーのものに比べて滑らかな使い心地で自然に見せることがアイテムなので、肌に馴染みやすい自然なピーチ系の色、少しパールが光るくらいの艶感のものだと綺麗に仕上がります。
お店などにテスターがあればそれを使って発色などを確認すると良いです。

 

 

そして次に滑らかな使い心地です、滑らかな使い心地のものは、肌にのせた時肌に溶け込むようになじみ綺麗にしあがりますので、できるだけ潤いたっぷりで、滑らかな質感のものを選ぶようにするととても良いです。
特にムース状のものはパール感が入っているものが多く、パール配合のものだと肌に馴染みやすく滑らかで艶感も綺麗に出してくれるので、ムース状のものを使うのも良いです。

 

diet02_l

カラーを選ぶことが重要

ほほ紅ともほお紅とも呼ばれる、頬の部分に付ける化粧品を使いこなしていますか?
入れ方がわからないからと敬遠している人も多いかと思いますが、これを使いこなすと、健康的に見えたり、若返って見えたりとメリットがたくさんありますので、ぜひ挑戦してもらいたいものです。

 

ほほ紅を付ける場合、入れ方はもちろんですが、特に気を配ってほしいことは、その選び方です。
イエローベースやブルーベースといった肌の色に合わせて、カラーを選ぶことが重要といわれています。
そのことはよく知られており、気を配っている人も多いかと思います。

diet01_l

実は、それ以外にも、肌質や肌の質感で選ぶことも重要とされています。

 

まず、乾燥肌の場合は、ツヤとうるおいが足りない場合が多いので、パールのものを使用して、ツヤとうるおい感を出しましょう。

脂性肌の場合は、テカリが気になりますので、マットなものを使用して、テカリ感を抑えるようにしましょう。

混合肌の場合は、その日の肌の質感に合わせて、使い分けるといいでしょう。
この点については、意外と知られていません。

 

しかし、色以外にもこの点について気を付けてほほ紅を選ぶと、よりよい印象になりますので、一度、試してみてくださいね。”

年代に合った色を使う

biyou03_l

 

若い年頃のころと言いますと、お化粧品一つでも、可愛らしい華やかな色具合が特徴で、その人の若さを、一層と引きたててくれるような、品々となっています。

 

服装と同じように、それ相応の年代に合った、服装やお化粧といったものが、一般的に標準とされています。

自分を奇麗に装うために、発色の良い、色とりどりのお化粧品の数々を揃え、それぞれメークを楽しみます。

 

社会人になれば、遊びとはまた違って、お化粧方法も変わってくるのが普通であり、大人しい社会人向きのものとなります。

 

それが徐々に年齢と共に、大人の女性となってきますと、しっとりとした落ち着きのある装いに、良く似合うような、ク―ルさだったり、モダンな感じをかもし出すような、大人の女性へと変貌していきます。

 

一旦仕事を離れて、休日の時間ともなれば、遊び心も満喫させて、楽しむことができます。

 

年代によって、頬に使う色具合も変化してきて、年代がかなり上なのに、若い人が使うような色具合ですと、見た目が軽い感じになってしまい、大人を感じさせることが、難しくなってきます。

自分が、年代に合った色を使うことは、表現することを助け、シックで、大人の色気さえも感じさせてくれるということです。

なりたいイメージでチークを選ぶ

メイクをする時、どのような自分になりたいかイメージをすることが重要です。特に顔色はとても印象を左右します。

 

まず可愛い感じになりたい場合、血色をよくし、元気に見せることが重要です。
肌色がイエローがかっている場合はオレンジ、ブルーやピンクがかっている場合はピンクがよいでしょう。
入れ方も重要で、頬の笑ったときに一番高くなる箇所に丸くいれることで可愛い雰囲気になれます。
丸顔の人は耳側に伸ばして楕円形に入れると輪郭をカバーできていいでしょう。
また、楕円形に入れることにより、少し大人っぽい優しいお姉さんのようなメイクをすることも可能です。

 

大人っぽくしたい場合、明るい色ではなく落ち着いた色を使います。
ピンクでもくすんだものであったり、ブラウンやベージュなどを、頬骨に沿うように斜めに入れることによってシャープな印象になれます。
頬骨が目立つタイプの人は、濃くいれず、頬骨の上をなでるようにします。
色味がくすんだものをチョイスすれば大人っぽくなれますが、肌色が綺麗に見えるものを選んでくださいね。

 

また、普段使いではなくパーティなどに、少しラメの入ったものも綺麗でセクシーに見えます。
顔の印象に関わる場所なので、適当ではなくしっかり選んでくださいね。

 

biyou02_l