年代に合った色を使う

biyou03_l

 

若い年頃のころと言いますと、お化粧品一つでも、可愛らしい華やかな色具合が特徴で、その人の若さを、一層と引きたててくれるような、品々となっています。

 

服装と同じように、それ相応の年代に合った、服装やお化粧といったものが、一般的に標準とされています。

自分を奇麗に装うために、発色の良い、色とりどりのお化粧品の数々を揃え、それぞれメークを楽しみます。

 

社会人になれば、遊びとはまた違って、お化粧方法も変わってくるのが普通であり、大人しい社会人向きのものとなります。

 

それが徐々に年齢と共に、大人の女性となってきますと、しっとりとした落ち着きのある装いに、良く似合うような、ク―ルさだったり、モダンな感じをかもし出すような、大人の女性へと変貌していきます。

 

一旦仕事を離れて、休日の時間ともなれば、遊び心も満喫させて、楽しむことができます。

 

年代によって、頬に使う色具合も変化してきて、年代がかなり上なのに、若い人が使うような色具合ですと、見た目が軽い感じになってしまい、大人を感じさせることが、難しくなってきます。

自分が、年代に合った色を使うことは、表現することを助け、シックで、大人の色気さえも感じさせてくれるということです。

Comments are closed.