なりたいイメージでチークを選ぶ

メイクをする時、どのような自分になりたいかイメージをすることが重要です。特に顔色はとても印象を左右します。

 

まず可愛い感じになりたい場合、血色をよくし、元気に見せることが重要です。
肌色がイエローがかっている場合はオレンジ、ブルーやピンクがかっている場合はピンクがよいでしょう。
入れ方も重要で、頬の笑ったときに一番高くなる箇所に丸くいれることで可愛い雰囲気になれます。
丸顔の人は耳側に伸ばして楕円形に入れると輪郭をカバーできていいでしょう。
また、楕円形に入れることにより、少し大人っぽい優しいお姉さんのようなメイクをすることも可能です。

 

大人っぽくしたい場合、明るい色ではなく落ち着いた色を使います。
ピンクでもくすんだものであったり、ブラウンやベージュなどを、頬骨に沿うように斜めに入れることによってシャープな印象になれます。
頬骨が目立つタイプの人は、濃くいれず、頬骨の上をなでるようにします。
色味がくすんだものをチョイスすれば大人っぽくなれますが、肌色が綺麗に見えるものを選んでくださいね。

 

また、普段使いではなくパーティなどに、少しラメの入ったものも綺麗でセクシーに見えます。
顔の印象に関わる場所なので、適当ではなくしっかり選んでくださいね。

 

biyou02_l

Comments are closed.