紫外線の浴び過ぎ

diet03_l

 

シミの原因には、紫外線の浴び過ぎがあげられます。

 

紫外線を浴びないようにするために、まずは、日焼け止めをしっかりしておくことが重要ということは、多くの人が認識していることでしょう。
夏場はもちろん、意外と紫外線が強い春先から初夏にかけて、また、秋や冬でも、しっかりと紫外線カットをしている人も多くいます。

 

また、昔からある帽子や日傘、サングラスをはじめ、日焼け防止の手袋やパーカー、水着など、さまざまなアイテムも登場しており、より紫外線を強力にカットしようという動きがあります。

 

紫外線によるものほかには、ホルモンバランスの乱れやストレス、食べ物なども大きく影響しています。

 

もちろん、加齢によるものもありますが、できるだけ、規則正しい生活を送ることで、ある程度軽減することもできます。
そのほかに、実は気を付けてほしいことに、タール色素があげられます。

 

タール色素は、ファンデーションなどをはじめとする化粧品に含まれている成分です。
ファンデーションには、紫外線防止効果もありますので、安心してしまいがちですが、意外な落とし穴もあるということです。
発ガン性も報告されており、できれば、タール不使用の化粧品を使用することがおすすめです。

Comments are closed.